都心線に直通系統の列車において、速達性のある運行につけられている愛称が「Fライナー」です。通常の列車の愛称であるため、別料金は不要で、使用される車両も通常の通勤電車となっています。

​副都心線は「東武」「西武」「東急」の路線に乗り入れており、東急からはさらに「横浜高速鉄道」にも直通しているため、全部で5社での直通運転が行われています(実際には「東武」と「西武」がお互いに直通することはないため、運行上は4社)。

そういった中で、会社ごとに種別(急行、快速など)が統一されておらず、追い抜く列車・追い抜かれる列車の見極めが難しい状態となっています。

そこで全ての区間において速達性のある列車の運用を「Fライナー」と名付け、「Fライナー急行」といった形で案内をされることになりました。

Fライナーの「F」とは、「Fast(速達性)」「Five(5社)」「Fukutoshin(副都心線直通)」から由来されています。

Fライナー運用における実際の各会社の種別は以下の通りです。

■東武東上線           急行  

■西武池袋線・有楽町線     快速急行 

■東京メトロ副都心線       急行  

■東急東横線           特急  

■横浜高速鉄道みなとみらい線   特急  

東武東上線以外はその路線における最速の種別(有料列車を除く)となっています。

東武東上線においては「急行」より上位の「快速急行」が存在しますが、

副都心線直通列車は基本的に「普通」か「急行」が中心(快速急行も土休日に存在)であるため、その内の速達性のある「急行」がFライナーの運用となっています。

■経由路線 

東武東上線[TJ]

西武池袋線[SI]

西武有楽町線[SI]

東京メトロ副都心線[F]

東急東横線[TY]

みなとみらい線[MM]

■1編成車両数 

10両