馬区の「光が丘」から都庁前・新宿・六本木・汐留・月島などを経由し、さらに上野御徒町・飯田橋などを経て再び都庁前に至る「大江戸線」は、東京で12番目に出来た比較的新しい路線です(全線開通は11番目)。独自のリニアモーターカーの仕組みを利用している為、車体は小さめで他の路線との直通運転を行なっていません。

他の地下鉄と異なる最大の特徴は「の」の字を描くような路線である事です。

都庁前で各方面に乗り換える事が出来ますが、山手線のように完全な環状運転というのは行なっていません。路線の特性上、行先ではなく〇〇方面と案内される区間が多くあります。また、後から作られている為にかなり地下深い場所を走行しています。

   基本種別 

 各駅停車   Local 

大江戸線は全列車各駅に停車します。​

都庁前を中心に

都心を環状に走行

■ラインシンボル 

E〘→ōEdo〙

■1編成車両数 

8両(3ドア)

■車両情報 

ーー

■ICカード利用 

利用可能 [PASMOエリア]

■直通運転 

なし